コンテンツへスキップ

ズームH6とソニーPCM-D100?どちらが良い?

Zoom H6とSony PCM-D100をしばらく使っているが、どちらも気に入っている。

私はPCM-D100のシンプルさと素晴らしい音質を楽しんでいる。手間をかけずに録音したいときは、PCM-D100を使う。また、屋外のアンビエンスを録音するときは、PCM-D100がバッグの中に入っていることが多いだろう。

でも、ポッドキャストを録音したり、バンドのデモを作ったりするために追加の機材を接続する必要があるときは、断然Zoom H6を使う。 

この記事では、これらのレコーダーの特徴、類似点と相違点を探り、あなたの重要な疑問にお答えします:「どれを選ぶべきか?

どっち?ズームH6かソニーPCM D100か?

汎用性

もし、あなたのニーズに適応できるレコーダーが欲しいのであれば、Zoom H6を検討すべきだろう。 

XLR入力を4系統装備しており、追加マイクやブーム、楽器を接続することも可能です。ポッドキャストやバンドの重要なデモを録音する際の選択肢が広がります。 

また、Zoom H6はモジュール化されている。標準ではX/Yカプセルのみが付属していますが、さらに多くのカプセルのオプションがあります。

カメラのレンズを交換するのと同じように、簡単にクリップで留めることができる。

Zoom H6がどのようなカプセルを使用できるのか、またどのような用途に適しているのか、さらに詳しく知りたい方は、私の最近の記事をご覧ください。 ズームH6のレビュー.

カプセルだけでは十分でないかのように、H6はコンピューターとのオーディオ・インターフェースとしても使用できる。

一方、ソニーのPCM-D100は、内蔵のX/Yマイクを使って原音に忠実なレコーディングを行うことに専念している。

残念ながら PCM-D100 XLR入力がない。ポッドキャストを作るのであれば、これは欠点だが、コードや余分な機材に煩わされずに録音したいときにはありがたい。

PCM-D100が製造中止となった事実と、音質の点で最高のハンドヘルド・レコーダーであることを考えると、今現在eBayではかなり値が張る可能性がある。それに近いものが欲しいなら、D100の前身であるPCM-D50を調べてみよう。D100の前身であるPCM-D50の録音サンプルをネットで見つけることができる。

を注文したところだ。 PCM-D50 届いたらすぐにレビューしますので、ご覧になりたい方は私のニュースレターを購読してください。

ソニーPCM-D100、手にして
一緒に撮った: iPhone 12 Pro Max + ビーストグリップ

ビルド・クオリティ

これらのポータブル・デジタル・レコーダーはどちらも、多少の衝撃には耐えられるように設計されている。 

D100の頑丈なアルミ製筐体は、重量を抑えるのに役立っている。手で持つには十分な大きさだが、動きに敏感なので、レコーダーをスタンドや固い表面に固定することをお勧めする。

しかし、Zoom H6のラバー仕上げのプラスチックケースは本体を保護し、録音中に本体を持たなければならない場合でもノイズを軽減するのに役立つ。

現実的には、オンボードマイクを使ってレコーディングする場合、どちらのデバイスもハンドヘルドにするべきではありません。これを解決してくれるのが、私がいつもお勧めしているRycoteのキットです。

風の強い状況でも録音できる高品質のライコート製ウインドシールド、振動を吸収するショックマウント、全体をホールドできるグリップが付属する。

余談だが、各レコーダーには小さなキャリーケースが付属している。Zoomの場合、ダジャレではなく、真っ当なプラスチックケースだ。防水性はなさそうだが、中型から大型の哺乳類以外からレコーダーを守ってくれるだろう。

PCM-D100のケースはもう少し豪華で、リモコンや予備バッテリーなどのアクセサリーも収納できる。

ズームH6ハンドヘルドレコーダー、カプセルなし
一緒に撮った: キヤノンEOS R5 + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

無料サウンドエフェクト

ところで、私が次のような記事を書いたことをご存知だろうか。 世界最大の無料効果音リスト?500GB以上のサウンドを無料でダウンロードできます。知りたいだろうと思ってね。さて、レビューに戻ろう。

オーディオ品質

録音機器では音質がかなり重要なので、どちらにも何を期待できるだろうか?まあ、ほとんどの状況ではPCM-D100の勝ちだ。

これは、プリアンプが優れているため、特に超静かなものを録音するときに、ヒスノイズの少ない録音ができるからだ。

私の最近のビデオのボイスオーバーは、Zoom H6とSGH-6ショットガンマイクで録音した。しかし、汎用性という点ではH6が勝っているが、PCM-D100はできることは少ないが、優れている。

ちょっとした余談だが、私はまた自分の シュアー SM7B このボイスオーバーが録音されたものだ。完全なセットアップをご覧になりたい方は、下にリンクを貼っておきます。

要するに、たくさんのマイクを接続したいのであれば、マルチ入力のH6がデフォルトで勝つが、静かなアンビエンス、静かな楽器、ASMRなどを録音したいのであれば、PCM-D100が優れている。

サンプルレートとビット深度についても簡単にお話ししたいと思います。私の他の記事をお読みの方なら、24ビットを選択すればいいこと、そしてサンプルレートは多かれ少なかれカメラのフレームレートに例えられることをご存知でしょう。

その点、Zoom H6は最大サンプルレート96kHzまで、PCM-D100は驚異的な192kHzまで録音できる。

これはほとんどの人にとって問題なのだろうか?いいえ。

音楽を録音する場合は、44.1kHzか48kHzにこだわるでしょう。ビデオのボイスオーバーを録音する場合は、やはり48kHzになるでしょう。

96Khzで録音する唯一の理由は、アンビエンスを録音する場合や、後で加工するサウンドエフェクトを録音する場合だ。サウンドを本当に操作したり伸ばしたりしたい場合は、192kHzの方がさらに柔軟性があります。

一般的に、kHzが多ければ多いほど、音を引き伸ばしたり操作したりできる。1秒あたりのフレームレートが多ければ多いほど、変なアーチファクトを発生させずに映像をスロー再生できるのと同じようなものだ。

だから、ポッドキャストや普通の音楽を録音したいなら、H6の最大サンプルレートで十分だ。一方、サウンドデザインで本格的に遊ぶのが好きなら、すでにD100に惹かれていることだろう。

ストレージとバッテリー寿命

電源が切れたり、録画の途中でストレージがいっぱいになったりするのは、一般的に避けたいことだ。 

幸いなことに、これらのレコーダーはどちらも入手しやすい単三電池を使用し、経済的に使用できる。ちなみに、どちらも電池は4本である。

ソニーによれば、レコーダーの使い方にもよるが、最大12時間のバッテリー駆動が期待できるという。一方、ズームは、適切な条件下でバッテリーが最大20時間持続すると主張している。

一晩中H6に雨のアンビエンスを録音させたが、翌日もまだ元気だった。オーディオ録音は変化に富んでいるため、バッテリーの持続時間を正確に予測するのは難しい。

それは多かれ少なかれ、一本の糸の長さを尋ねるようなものだ。だから、そのことを念頭に置いて、あなたのマイル数は異なるかもしれないことを覚えておいてほしい。

ストレージに関しては、PCM-D100の内部/外部容量が気に入っている。このデバイスは内部に32GBを保存でき、それがいっぱいになったら、シームレスにSDカードにスワップできる。

H6には内蔵ストレージがなく、データはすべてSDカードに保存される。とはいえ、32Gb、64Gb、128Gbのカードが使えるので、十分な容量がある。

レベルコントロール

レベルコントロールに関しては、どちらのマイクの場合も簡単です。PCM-D100に関しては、レコーダーの側面にダイヤルがあり、簡単に調整できます。ダイヤルを固定する安全機構もあるので、誤ってレベルを変えてしまうこともありません。

について H6各XLR入力は個別のダイヤルでコントロールできる。レコーダー本体には4つあり、クリップオンカプセルにはダイヤルが付いている。ダイヤルは保護されていないので、間違って押さないように注意する必要がある。

ディスプレイ

画面に関しては、ソニーのバックライト付きディスプレイはレコーダーの前面上部にある。標準的なサイズと形状で、ほとんどの照明状況で簡単に読み取ることができる。

しかし、H6はデバイスの下端に傾斜した2インチのフルカラースクリーンを備えている。これにより ズームH6 私がレビューした他のレコーダーとは明らかに異なる外観だ。 

この角度は、カメラやスタンドに取り付けたときにスクリーンを見やすくする。それを考えると、何度も言うようだが、彼らは本当にスイベルスクリーンシステムを作るべきだ。なぜあれほど便利な機能を追加しようとしないのか理解できない。

誰にも分からない。

サイズと体格

これらのレコーダーはいずれも、よりしっかりとしたサイズで、レコーダーによっては起こりがちなおもちゃを持っているような感覚を防いでくれる。

について ソニーPCM-D100 はZoom H6よりかなり短く、スリムで少し軽い。 

PCM-D100の実寸は6.1×2.8×1.2インチで、重さは390グラム強(13.75オンス)。より大型のズームH6は14.46オンス(410グラム)で、サイズは8.39 x 3.1 x 1.88インチ。何時間も持ち運ぶのであれば、このサイズと重さは考慮すべき要素だろう。

イメージ37
一緒に撮った: iPhone 12 Pro Max + ビーストグリップ

結論

結局のところ、私はいつもレコーダーを選ぶ際には最終用途を考慮するようアドバイスしている。特に、この2つのモデルは異なる条件下で設計されているため、それが当てはまる。

ZoomのH6は、ポッドキャストやバンドのデモを録音するのに適している。また、ロケ先でのインタビュー録音にも最適だ。ブームマイクを接続するだけで、すぐに使える。さらに、-12dB低いセイフティ・トラックを録音できるオプションもあり、オリジナルのトラックが歪んでいても、バックアップ・トラックはおそらく大丈夫だろう。 

その点、ソニーの優れたプリアンプは、特に静かなアンビエンスを原音に忠実に録音することができます。たくさんの機材を接続する心配もなく、簡単に開梱して使用できます。コードや余分なマイクなどのことは忘れてください。リモコンもワイヤレスです。 

さて、お待たせしました。いずれも高品質なレコーダーで、優れたオーディオと長持ちするストレージを提供します。あとは、どれがあなたの録音ニーズに最も適しているかを決めるだけです。

この記事で紹介した商品をご覧になりたい方、またはお住まいの国での価格をお知りになりたい方は、下記のアフィリエイト・リンクをご利用ください。

のレビューをお読みいただきありがとうございます。 ズームH6ソニーPCM D100.私の他の記事もぜひご覧ください。あなたが以下のことに興味があろうとなかろうと、私たちは皆のために何かを用意している。 オーディオあるいは カメラとレンズ.ビデオレビューがお好きな方は、私のビデオをご覧ください。 YouTubeチャンネル.

製品リンク

以下に、この記事で紹介したすべてのアイテムを掲載する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です