コンテンツへスキップ

どちらが良い?ズームH4nプロとソニーPCM-D100?

ポータブル・デジタル・レコーダーを使うオーディオ・シーンは、いったいいくつあるでしょうか?ポッドキャストや自然な環境、あるいは講義を録音することもできるでしょう。 

野外で屋根に降る雨や草むらのコオロギを録音することもあるだろう。ライブで音楽を録音することもあるでしょう。あるいは、あなたのバンドがデモを録音していて、可能な限り最高の音質が必要かもしれません。 

もしかしたら、映像を撮影する際、映像と同じように音声も素晴らしいものにしたいとお考えではないでしょうか? 録音の可能性は無限大です。ですから、ポータブル・レコーダーを選ぶ際には、"何のために使うのか?"を最初に考える必要があります。

この記事では、Zoom H4n ProとSony PCM-D100という2つのポータブル・レコーダーに焦点を当てています。それぞれのレコーダーの長所と短所を比較し、重要な質問にお答えします:どちらのレコーダーを買うべきか?

どちらが優れているか?ズームH4nプロとソニーPCM-D100?

入力とマイク

ソニーPCM-D100とズームH4nプロレコーダーは、どちらもマイクを内蔵しており、余分なマイクやケーブルを使わずに、簡単にアンビエンス、声、音楽を録音することができる。最小限の機材で作業したい場合には非常に便利だ。

X/Yマイクを使えば、マイクの角度を90°または120°にして、簡単にステレオ録音ができる。つのレコーダーのうち PCM-D100 は、より高品質で、効果音、静かな自然のアンビエンス、ライブイベント、アコースティック楽器など、あらゆるものの録音に適している。

一方、ZoomのH4n ProにはXLR入力が2つあり、レコーダーの底面にある。この機能は、ポッドキャストや1対1のインタビューなど、各人が別々のマイクで話す必要がある録音に適している。

技術的には、D100の3.5mm入力に接続することも可能だが、ほとんどの人が使うには複雑すぎる。

イメージ35
一緒に撮った: iPhone 12 Pro Max ネイティブ・ワイドレンズ付き ビーストグリップ

レベル

ゲイン・コントロールには、サイドにある2つのボタンを使用します。 H4nプロ でレベルの設定や変更ができる。個人的には、PCM-D100の小さなホイールの方が好きだ。白い文字と黒いホイールのコントラストが際立ち、薄暗い場所でも数字がはっきり見える。 

さらに、ソニーはラッチも装備している。ラッチを持ち上げて水平をセットし、ラッチを閉じれば、誤って水平を変えてしまう心配はない。

無料サウンドエフェクト

ところで、私が次のような記事を書いたことをご存知だろうか。 世界最大の無料効果音リスト?500GB以上のサウンドを無料でダウンロードできます。知りたいだろうと思ってね。さて、レビューに戻ろう。

音質

自己ノイズに関しては、H4n Proは市場で最高のレコーダーとは言えません。ボイスオーバー、活発なダイアログや効果音、大音量の音楽など、大きな音を録音するのは全く問題ありません。一方、音量を上げるとヒスノイズが発生するため、Zoom H4n Proで静かなアンビエンスを録音するのは難しい。

ソニーPCM-D100の高品質プリアンプと内蔵マイクは、最小限の手間であらゆるサウンドを録音するのに理想的です。静かな音でも、H4n Proよりもはるかにクリアに捉えることができます。

これはH4n Proに限ったことではなく、ズームHシリーズにも言えることだ。この点で、ソニーのPCM-D100に匹敵するハンドヘルド・レコーダーはない。

2つのレコーダーのもうひとつの重要な違いは、最大サンプルレートだ。Zoom H4n Proは最大96kHz/24bitで録音できます。一方 PCM-D100 一方、最大192kHz/24bitまで録音できる。

サウンドデザイナーやサウンドエフェクト・レコーディストにとっては非常に便利な機能だが、自分の声を録音したいだけの人や、実験的でない音楽を作りたい人にとっては何の違いもない。

192kHzが96kHzより優れている唯一の利点は、オーディオをより引き伸ばしたり操作できるようになることで、ニッチなユースケースで役に立つ。ビデオの秒間フレーム数のようなものだと考えてください。普通の人は60FPSを超える必要はないでしょうから、240FPSは彼らにとって何の付加価値にもなりません。

イメージ36
一緒に撮った: iPhone 12 Pro Max ネイティブ・ワイドレンズ付き ビーストグリップ

サイズ

このようなハンドヘルド・レコーダーでは、携帯性が重要である。 

どちらも小型軽量で、ズームはわずか10.6オンス(280g)、ソニーは13.9オンス(390g)とやや重い。 

レコーダーはさまざまな状況に持ち運ぶことになるため、旅行カバンや屋外での過酷な使用にも耐えられることを確認したいものです。PCM-D100と H4nプロ 頑丈で耐久性がある。さらに保護用の便利なケースも付属している。

Zoom H4n Proにはプラスチックケースが付属しており、少なくとも傷や擦れ跡から本体を保護することができる。PCM-D100には便利なポーチが付属しており、アクセサリーを同時に持ち運ぶことができる。

レコーダーには常に細心の注意を払っていただきたいが、どちらの機器も長持ちするように作られていることは知っておいて損はない。

バッテリー寿命

私がレコーディングをするときに重要なことのひとつは、十分なパワーがあり、重要なレコーディング・セッションの途中でパワーが切れてしまうことがないということを知ることだ。

PCM-D100は単三電池4本を必要とし、最長12時間持続する。これらのデバイスの電池寿命に影響を与える可能性のある多くの変数があることに留意してください。

電池のメーカーでも違いが出ます。バッテリーケースはスライド式ロックで固定されているので、録画中に誤って電源が切れることはありません。

対照的に、H4n Proは単三電池2本で最大6時間使用できる。どのレコーダーを選ぶにせよ、予備の電池を隠し持っておくのが賢明だ。そうすれば、レコーディングの旅がどんなに長引いたとしても大丈夫だ。

ズームH4nプロハンドヘルドレコーダー
一緒に撮った: キヤノンEOS R5 + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

ストレージ

データの保存に関しては、各レコーダーは最大32GBのSDカードに対応しており、ソニーは64GBのカードに対応している。 

これは十分なストレージスペースだが、PCM-D100はさらに一歩進んで、内部ストレージも備えている。SDカードともシームレスに連動するので、内蔵ストレージを使い切ってもすぐにカードを使い始めることができ、その逆も可能だ。

ウインドシールド

何時間も録音したものを聞き返すと、その時には気づかなかった風切り音があることに気づき、がっかりすることがあります。そのため、マイクの防風対策は欠かせません。

Zoom H4n Proにはウインドプロテクションが装備されていないので、屋外で撮影する場合はウインドシールドを別途購入する必要がある。私はいつも、効果的なウインドシールド、グリップ、ショックマウントを含むこのRycoteセットをお勧めします。

対照的に、ソニーはウインドシールドを同梱しており、他の多くのレコーダーとは一線を画している。このウインドシールドは実に良質で、Rycoteのものと比べても遜色ない。とはいえ、衝撃吸収の面でもRycoteのキットに投資する価値はある。

結論

では、冒頭の質問に戻ろう。ポータブル・レコーダーをどのように使うつもりですか?

最小限の手間で高音質の音声を録音できるハンドヘルドのポータブル・レコーダーが必要なら、より高価なソニーのPCM-D100が適しているだろう。自然なアンビエンスやASMRのような超静かなものを録音するつもりなら、これは特に良い選択だ。

大音量でも静かな環境でも、さまざまなシーンで難なく録音でき、内蔵/外付けストレージの組み合わせにより、ストレージ容量が不足することはまずないと確信できる。

H4n Proに関しては、かなり安く、外部マイクを使用できるが、ソニーの音質には及ばない。

そのため、ポッドキャストやインタビューなど、外部マイクを使う予定がある場合は、購入した方がいいだろう。

私は、この比較の結果を期待している。 ソニーPCM-D100 そして ズームH4nプロ どれが自分に合ったレコーダーなのか、決める際の参考にしてください。もしまだ決めかねていたり、もっと詳しく知りたいという方は、私のハンドヘルド・レコーディング・デバイス・レビューへのリンクを下に貼っておきますので、そちらをご覧ください。

この記事で紹介した商品をご覧になりたい方、またはお住まいの国での価格をお知りになりたい方は、下記のアフィリエイト・リンクをご利用ください。

Zoom H4n Pro vs Sony PCM-D100のレビューをお読みいただきありがとうございます。私の他の記事もぜひご覧ください。あなたが次のことに興味があるかどうかにかかわらず、私たちは皆のために何かを持っています。 オーディオあるいは カメラとレンズ.ビデオレビューがお好きな方は、私のビデオをご覧ください。 YouTubeチャンネル.

製品リンク

以下に、この記事で紹介したすべてのアイテムを掲載する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です