コンテンツへスキップ

安いレンズで素晴らしい写真は撮れるか?

安いレンズで素晴らしい写真は撮れるか?| キヤノン18-55mm vs 50mm vs 75-300mm

多くの新米フォトグラファーは、実際に購入できる安価なレンズが本当に良いものかどうか心配する。公平を期すために、世の中に出回っている高価なレンズを見て、その複雑なデザインに驚嘆し、所有する価値があるのはそのレンズだけだと考えるのは簡単だ。

実際、手頃な価格のレンズはたくさんあり、予算内で素晴らしい結果を出すことができる。実際、最も重要なのはカメラの後ろにいる人だ。熟練したフォトグラファーやビデオグラファーは、安いレンズでも本当にクールなことができる。

手ごろな価格のレンズとその性能について説明する前に、もしあなたが余分なお金をかけずに写真撮影を上達させたいのであれば、私はこのウェブサイトでそれに関する記事をたくさん掲載している。

では、手頃な価格のレンズを3本紹介し、そのレンズが何に適しているのかを説明しよう。

キヤノンEF-S 18-55mmレンズ
一緒に撮った: キヤノンEOS 77D + キヤノン EF-S 18-55mm

キヤノン EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM

これは基本的にキヤノンのキットレンズだ。このレンズは何でもこなせるが、特に何かに秀でているわけではない。

ストリートシーンや人物の群れなど、より広い範囲を撮影する場合は18mmまでズームアウトでき、特にクロップセンサーを搭載したカメラボディを使用している場合は、ポートレートに便利な55mmまでズームアップできる。

これはどういう意味だろう?

手頃な価格のカメラのほとんどは、いわゆるクロップドセンサーを搭載している。のようにフルフレームではない。 キヤノンR5 その代わり、センサーは小さくなっている。これにより拡大効果が得られる。

焦点距離

つまり、キヤノンのクロップド・センサーのカメラの場合、レンズを55mmまでズームした場合、真の焦点距離を得るためには、その数値にx1.6を掛ける必要がある。

この長さの場合、55mm×1.6=88mmとなる。

88mmという焦点距離は85mmに近く、ポートレートに最も適した焦点距離とされている。18mmで撮影すると、特に端の方で顔が多少歪んでしまうのとは対照的に、よりリアルな人物像が得られる傾向がある。

実は、ほとんどの人が気づいていないことだが、このレンズは動画撮影にも非常に適している。手ぶれ補正があるので、より滑らかな動画を撮影することができ、特に私のようにBロールを多く撮影する場合は素晴らしい。

実際、このレンズのBロールは キヤノン77Dもうひとつは 18-55mmキットレンズだから、自分が何をしているのかわかっていれば、かなりクールな映像を撮ることができる。

このレンズの大きな欠点の1つは、ズームアウト時はF3.5、ズームイン時はF5.6までしか開放できないことだ。つまり、光量が少ない状況では、レンズに入る光の量が少なくなり、ISO感度を上げざるを得なくなり、映像にノイズが入る可能性がある。

さて、次のレンズに移ろう。

キヤノン EF 50mm F1.4 レンズ
一緒に撮った: キヤノンEOS R5 + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

キヤノン EF 50mm F1.4 USM

先ほどの計算式を思い出すと、クロップドセンサーボディでこのレンズの真の焦点距離を計算するには、50mmにx1.6を掛けて80mmとする必要がある。

繰り返しになるが、これはポートレートにとって理想的な85mmに近く、実際、ほとんどの人がこのレンズを特にそのために使うだろう。キヤノンのキットレンズとは異なり、このレンズはF1.4まで開放することができ、より多くの光を取り込むことができるため、暗いシーンでもきれいな写真を撮ることができる。

このレンズの焦点距離も固定されている。18mmから55mmまでズーム可能だった先ほどのレンズとは異なり、このレンズは50mmに固定されている。これは良いことでもあり、悪いことでもある。焦点距離が可変ではないので、変更することができないので、明らかに悪いことだが、良いニュースは、固定レンズはよりシャープな画像を生成する傾向があるということだ。

手ブレ補正

さて、このレンズはより多くの光を取り込むことができるため、なぜ私はこれまでビデオ撮影のほとんどに18-55mmキットレンズを使っていたのかと聞かれるかもしれない。EF 50mm F1.4には手ぶれ補正機能がないからだ。

ビデオ撮影の場合、結果はもっと揺らぐだろう。さらに、Bロールを撮影する場合は、焦点距離をもう少し低くしたい。高ければ高いほど、手ぶれが目立つようになる。

最近Bロールを撮影するときは、キヤノンのR5を使っている。 RF 15-35mm F2.8 L IS USM私は通常、24mmと35mmの間で撮影する。このレンズで35mmより高く撮影することは当然できないが、高くすればするほど手ぶれが目立つようになるし、カメラに内蔵されている手ぶれ補正が20mm以下ではフレームの端に奇妙な歪みを引き起こすことがあるので、24mmより低く撮影することはない。

24mmと35mmの間に保つことで、歪みを目立たなくし、手ぶれも目立たなくする。

ところで、R5はフルフレームカメラなので、計算は必要ない。レンズ名はフルサイズカメラを使っていることを想定しているので、焦点距離はレンズの上部に書いてある通りになる。

私のYouTubeチャンネルでもこの2本のレンズをレビューしていますので、興味のある方はご覧ください。 これ.

キヤノンEF75-300mmレンズ
一緒に撮った: キヤノンEOS R + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

キヤノン EF 75-300mm F4-5.6 III

これまで、焦点距離が変えられるキットレンズと50mm固定レンズについて説明してきた。今度はテレレンズを取り上げる番だ。レンズの名前からわかるように、75mmから300mmまでズームすることができる。

先ほど学んだ計算に当てはめれば、クロップド・センサーのボディでは、これは120mmから480mmに相当する。

実際、このレンズのテスト撮影をしたとき、私はモデルから滑稽なほど離れた場所に立たなければならなかった。

ところで、なぜ私がこのような計算をし続けるかというと、これらのレンズをクロップド・センサーのボディで使うことを想定しているからだ。

このようなレンズは通常、鳥や他の動物を撮影するような野生動物に使用される。

個人的にはポートレートでもかなり気に入っていて、まさにこのレンズで何度か撮影したことがある。

このレンズがあまり好きではないと言う人もいるだろうが、このレンズがいかに手頃な価格であるかを考えると、このレンズは明らかに低予算レンズとして意図されているため、もっと高価な望遠レンズと同じような期待をこのレンズに抱くことはできない。

ローライト

その問題点のひとつは、絞り開放ではF4、絞り込みではF5.6までしか開かない可変絞りである。

特に野生動物を撮影する場合、動きを止めるためにシャッタースピードがかなり速く設定される。

そのような場合、ISO感度を上げるしかないのですが、画像にノイズが入る可能性があります。

もう1つの問題は、実は望遠レンズ特有のもので、ポートレートを撮影する場合でも、手持ちで使うのは難しいということだ。ズームして遠くに立つと、モデルをフレームに収めるのに苦労する。また、ビデオ撮影をするのもかなり難しく、映像が手ぶれしてしまうのは避けられない。

三脚があればこの問題は明らかに解決するが、この問題が存在することを念頭に置いてほしい。

私のYouTubeチャンネルでもこのレンズについて詳しくレビューしているので、ご覧いただきたい。 これ.

キヤノンEF-S 18-55mm、キヤノンEF 50mm F1.4、キヤノンEF 75-300mm

結論として、適切な使い方をすれば、低予算のレンズでも本当に素晴らしい写真を撮ることができる。

この記事で紹介したアイテムを購入したい、あるいは自分の国でいくらするのか見てみたいという方は、下のリンクから見ることができる。

キヤノンEF-S 18-55mm vs キヤノンEF 50mm F1.4 vs キヤノンEF 75-300mmの比較レビューをお読みいただきありがとうございます。私の他の記事もぜひご覧ください。この記事には、次のような内容が含まれています。 オーディオあるいは カメラとレンズ.ビデオレビューがお好きな方は、私のビデオをご覧ください。 YouTubeチャンネル.

製品リンク

以下に、この記事で紹介したすべてのアイテムを掲載する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です