コンテンツへスキップ

キヤノン77Dと7D Mark II?どちらが良い?

こんにちは、本日はレビューが好評の2台のカメラの比較です。 私のYouTubeチャンネル.それがキヤノン77Dとキヤノン7DマークIIだ。

スペックや写真を比較し、何が優れていて、何が劣っているのか、そしてどれを買うべきかを議論する。

キヤノン77DのBロールは、18-55mmキットレンズを装着した別の77Dで撮影されています。7D Mark IIのBロールは、18-55mmキットレンズを装着した別の77Dで撮影されたものだ。 キヤノンR5である。 RF 15-35mm F2.8 Lレンズ.ウェブサイトでもこれらのレビューを見ることができる。

さあ、始めよう。

どちらがベスト?キヤノン77Dと7D Mark II?

得られるもの

他の多くのデジタル一眼レフと同様、77Dと7D mk IIは通常レンズなしで販売されている。箱の中には通常、カメラ本体、バッテリー、充電器、そしてカメラストラップが入っている。その理由は、77Dや7D mk IIと一緒に別のレンズを購入したくなるかもしれないからだ。 18-55mmキットレンズ ほとんどの人が最初はそうする。

18-55mmは確かに最初に使うには良いレンズだが、これらのカメラはどちらもEF/EF-Sマウントシステムと互換性がある。その結果、ほぼ無尽蔵にあるキヤノンのレンズのほとんどを基本的に使うことができる。

女性モデル、キヤノン77DとキヤノンEF-S 18-55mmレンズで撮影。
一緒に撮った: キヤノンEOS 77D + キヤノン EF-S 18-55mm / モデルホー・ピオニー

サイズ

では、両カメラのサイズと造りを見てみよう。サイズ 77D 重量はバッテリー込みでわずか540g(19オンス)。一方、7D Mark IIのサイズは149 x 112 x 78mmで、重量はなんと910g(32オンス)。

さて、Mark IIが重いことは悪いことだろうか?個人的にはそう思わない。大きくて重いカメラの方が、手にしたときに「プロ」っぽいと感じるからだ。私はかなり大柄で、定期的にウェイトリフティングをしているので、カメラの重さの感じ方はその影響を受けることを念頭に置いてほしい。

より小型のカメラを好むのであれば、重量がほぼ半分で、サイズも少し小さい77Dが明らかに有利だ。

キヤノンEF50mm F1.8を装着したキヤノン77D
一緒に撮った: キヤノンEOS R5 + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

画質

センサーに関しては、どちらのカメラも同じようなサイズのCMOSセンサーを搭載しているが 7D mk II が約2000万画素であるのに対し、キヤノン77Dは約2400万画素だ。これは、7D Mark IIが約3年古いことを考えれば、予想されることだ。

20%近い差はかなり大きいように聞こえるが、ほとんどの状況でその差に気づくことはないだろう。技術的には77Dが勝っているが、ほとんどのユーザーにとって違いはないだろう。

77Dは新しいカメラなので、デジック7を搭載しており、理論的には、7D Mark IIの古いデジック6に比べて、低照度下での撮影時のノイズが少なくなるはずだ。その点、Mark IIは2つの独立したDigic 6プロセッサーを搭載している。これは撮影性能を向上させるはずだが、ノイズの面で違いがあるかどうかは分からない。

オートフォーカス

オートフォーカスに関しては、77Dの45点に対し、7D mk IIは65点のクロスタイプのフォーカスポイントを持ち、優位に立っている。しかし、どちらもデュアルピクセルオートフォーカスなので、これは素晴らしいことだ。

また、77Dが6コマ/秒であるのに対し、Mark IIは10コマ/秒の連写が可能なので、スポーツ撮影に関しても有利だ。さらに、77Dが1/4000秒であるのに対し、Mark IIは1/8000秒のメカシャッターを切ることができるため、より速く動く被写体を捉えることができる。

画質に関しては一般的に77Dに軍配が上がるが、両方のカメラで撮影した写真をお見せしよう。撮影場所や照明条件などが異なることを考慮しても、際立った違いは見られないと思う。

キヤノン7DマークII、レンズなし
一緒に撮った: キヤノンEOS R5 + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

ディスプレイ

ディスプレイに関しては、どちらのカメラも背面に3インチのスクリーンを搭載しているが、77Dの場合は多関節で、タッチセンサー式となっている。一方、7D mk IIは固定スクリーンで、タッチセンサーでもない。

もしあなたがブログを書きたいのであれば、この事実だけで7D Mark IIは失格となる可能性が高い。

トップディスプレイに関しては、どちらのカメラにも付いている。本当に必要かどうかはカメラマンによって意見が分かれるところだが、どちらのカメラにも搭載されており、特に7D Mark IIに搭載されているものはとてもクールだと思う。

実際、これは私がもっと高価なキヤノンR5に関して持っている数少ない不満のひとつだ。上部のディスプレイを見ると、正方形で、なんだか窮屈な感じがする。カメラのデザイン上、それは理にかなっているのだが、それでも、あの巨大な上部液晶を R5 も同様だ。

コントロール

7D MIIには背面にホイールがあり、写真を簡単にナビゲートできる。また、左手側にはいくつかのボタンがあるが、77Dではスクリーンのヒンジがそこにあるため、移動させなければならなかった。

全体として、キヤノンのカメラを持ったことがある人なら、すべてが多かれ少なかれあるべきところにある。

女性モデル、キヤノン7D Mark IIで撮影
一緒に撮った: キヤノンEOS 7DマークII

ストレージ

ストレージに関しては、77Dのようにカードスロットが1つではなく、2つある7D Mark IIが明らかに勝っている。Mark IIにはSDカードスロットとコンパクトフラッシュ(UDMA)スロットがある。

この利点は、写真とビデオを両方のカードに保存できるため、片方が故障した場合のバックアップができることだ。プロとして撮影するのであれば、デュアルカードスロットがあれば、仕事をする際に不安を感じることはないだろう。

バッテリー寿命

両カメラのバッテリーはそれぞれ約600枚の撮影が可能です。どちらのカメラも中古で購入する可能性が高いため、現時点でバッテリーが数年前のものであることを考えると、この数字はもっと低くなる可能性が高い。

予備のバッテリーをいくつか持っておくことは、この問題を解決する最も簡単な方法だ。

長寿

7D mark IIのシャッターカウントは200,000だが、77Dは100,000だ。Mark IIの方が数年古いことを考えると、77Dの低い数値はもはやそれほど悪くは見えない。

シャッターカウント(最大作動回数)とは、理論上シャッターが切れるまでに何枚の写真が撮れるかということです。

中古でカメラを購入する際は、シャッターカウントを確認し、カメラを手にしてから再確認するのがベストだ。

もしオンライン販売者がその数字を教えようとしなかったり、わからないと主張したりしたら、その数字はおそらく最大値に近いので、他を探すのがベストだ。

また、7D mark IIには環境シーリングが施されているという利点もある。私は雨の中では使わないが、少なくとも理論的には77Dよりも多くの要素に耐えることができる。

女性モデル、キヤノン77DとキヤノンEF-S 18-55mmレンズで撮影。
一緒に撮った: キヤノンEOS 77D + キヤノン EF-S 18-55mm / モデルホー・ピオニー

ビデオ

動画に関しては、どちらもデュアルピクセルAFを搭載し、1080p、最大60fpsでの撮影が可能だ。

最近の優れたカメラと同様、キヤノンはEOS 77Dにも多くの動画機能を搭載している。動画機能に関しては基本的に同じだが、77Dの方が新しいので、動画機能に関しては77Dに軍配が上がる。

77Dは動画に関しても技術的にさらなるアドバンテージがあり、それはボディ内デジタル手ブレ補正だ。個人的には、手ぶれ補正には絶対に触れない。なぜなら、手ぶれ補正をするために、カメラは画像をクロップしなければならないからだ。

手ぶれの少ない映像を撮影し、Premiereや編集に使うソフトでスタビライズしたほうが、元の映像が使えるし、ソフトのスタビライズは常に良くなっている。

もちろん、上のビデオで見た77Dの映像はすべて77Dで撮影されたものなので、77Dが良い仕事をすることはおわかりだろう。

公平を期すため、7D Mark IIで撮影した映像も掲載する。ただ、これは75-300mmレンズで、レンズ内手ぶれ補正なしで、フリーハンドで撮影したものなので、映像は少し手ぶれしていることを念頭に置いてほしい。

汎用性

汎用性という点では、どちらも絶対的な主力カメラだが、動画に関しては77Dに軍配が上がる。

ポートレート撮影、イベント、ビデオ、そしてスポーツにも使えるが、連写性能が若干速い7D Mark IIに軍配が上がる。

結論

結論として、どちらを買うべきか?この2つのカメラは比較的似ており、それぞれに利点がある。

もしあなたが主に動画を撮影したいのであれば、特にVlogを書きたいのであれば、カードスロットが1つしかないとはいえ、77Dを買うだろう。写真を専門的に撮影し、動画もそこそこ撮影したいのであれば、デュアルカードスロットがある7D Mark IIの方が良いだろう。

中級レベルのデジタル一眼レフカメラを購入したい場合、またはRebelシリーズのようなエントリーレベルのカメラからアップグレードしたい場合は、どちらのカメラでも良い。

もっとお金をかけてもいいという方は、私のレビューをご覧ください。 キヤノンRあるいは キヤノンR5お金に糸目をつけなければね。

この記事で紹介したアイテムを購入したい、あるいは自分の国でいくらするのか見てみたいという方は、下のリンクから見ることができる。

を比較したレビューをお読みいただきありがとうございます。 キヤノン7DマークII77D.私の他の記事もぜひご覧ください。あなたが以下のことに興味があろうとなかろうと、私たちは皆のために何かを用意している。 オーディオあるいは カメラとレンズ.ビデオレビューがお好きな方は、私のビデオをご覧ください。 YouTubeチャンネル.

製品リンク

以下に、この記事で紹介したすべてのアイテムを掲載する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です