コンテンツへスキップ

キヤノンRebel T6は2023年でもまだ使えるか?

2016年3月に発売されたキヤノン1300Dは、キヤノンRebel T6としても知られている。カメラとしては比較的古いが、2022年後半、そしてそれ以降も使えるのだろうか?

その機能は老朽化しすぎて、今やスマートフォンにさえ追い越されてしまったのか、それとも、適切に扱えば、このカメラは今でも素晴らしい画像を生み出すことができるのか。

このレビューでは、この小さなカメラに何ができ、何ができないのか、そしてこのカメラがまだ買いなのかどうかを深く掘り下げていく。

始めよう。

キヤノン1300D(Rebel T6)は2022年でも価値があるか?

サイズ

1300Dのボディを一目見れば、まずその比較的小さなサイズに気づくだろう。大きさは129mm×101.3mm×77.6mm、重さはバッテリーとカードを含めても485gと、軽量かつ比較的小型で、どこへでも持ち運びやすい。

私は個人的に大きなカメラボディを好むが、私は必ずしも多くの人の代表ではない。

製造品質に関しては T6 カーボンファイバー、グラスファイバー、ポリカーボネート樹脂を組み合わせて作られている。高級感はないものの キヤノンR5 例えば、その価格からすれば、十分に高品質と感じられる。

キヤノン1300D(Rebel T6)、レンズなし
一緒に撮った: キヤノンEOS R5 + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

画質

画質について論じる場合、T6が現時点で6年前のカメラであるだけでなく、発売当時はエントリーレベルのカメラであったことを念頭に置くことが重要だ。

センサー

その点、22.3mm×14.9mmの18MP CMOSセンサーを搭載しているため、自分の行動を把握していれば、素晴らしい写真を撮ることができるだろう。

カメラも他の道具と同じように、操作者ができることには限界がある。ライティングや構図、モデルとの接し方などを理解すれば、美しい写真を撮ることができる。

これまでに撮影された最も有名な写真のいくつかは、非常に初歩的な機材を使って撮影されたことを覚えておいてほしい。

プロセッサー

さて、照明の話をしたので、T6はDIGIC 4+プロセッサーを搭載し、ISO感度は100-6400、オプションで12800まで拡張できる。

カメラの古さと古いDIGIC 4+プロセッサーを考えると、非常に暗い状況で撮った写真はおそらくノイズが多いだろうが、どのレンズを使うかで結果が劇的に変わるのは明らかだ。

のようなものだ。 キヤノン18-55mmキットレンズ のようなものと比較すると、低照度ではより苦戦を強いられるだろう。 キヤノンEF50mm F1.4あるいはF1.8でもいい。

女性モデル、キヤノン1300D(Rebel T6)で撮影
一緒に撮った: キヤノンEOSレベルT6 / モデルkk.porto

シャッタースピード

スポーツや野生動物の撮影など、動きの速い被写体を撮りたい場合、シャッタースピードは1/4000秒まで上がるが、連写は3コマ/秒までしかできない。つまり、シャッターボタンを押し続けて連写した場合、シャッターは1秒間に3回しか切れない。

これは現代の基準からすればかなり平凡だが、少なくとも選択肢はある。

オートフォーカス

オートフォーカスに関しては、9点のAFポイントがあり、デュアルピクセルAFはない。それでもオートフォーカスはあり、まあまあの性能を発揮するが、キヤノン77Dに搭載されているものほどではない。 7D MkII 例えば、キヤノンの伝説的なデュアルピクセルAFを搭載している。

2022年、キヤノン77Dにその価値はあるか?| キヤノンデジタル一眼レフカメラのレビュー

ビデオ

さて、少なくとも写真に関しては画質について説明したので、このカメラのビデオ機能について話そう。残念ながら、特に今日の基準からすると、決して素晴らしいとは言えない。

1080pも可能だが、30fpsまでで、720pで撮影することを厭わなければ60fpsも可能だ。

オートフォーカス

T6がデュアルピクセルAFを搭載しておらず、AFポイントが9点しかないことを考えれば、このカメラが動画機能で多くの人に支持されていない理由がわかるだろう。

だからといって、それで素晴らしい映像が撮れないということではなく、もう少し手間がかかるということだ。遅い車でもAからBまで行くことはできるが、速い車の方が早く着くことができる。

さて、これには明るい兆しもある。もしあなたが初心者なら、ビデオを学ぶためにこのようなカメラを手に入れることをお勧めする。比較的安価であるだけでなく、このカメラが持つ制限により、より高価なカメラではできないような創造性を発揮することを強いられるだろう。

もしあなたが超高価なカメラを持っているなら、なぜわざわざマニュアルフォーカスをマスターする必要があるのだろうか?このようなカメラは、現在の基準からすると見劣りするが、その能力の低さによって、学ぶことを強いられるだろう。

フォーカス

ピントが合わない?それならマニュアルフォーカスの練習をした方がいい。露出が合っていない?マニュアルモードに切り替えて、シャッタースピード、ISO、絞りのバランスの取り方を学んだ方がいい。ダイナミックレンジが狭い?ダイナミックレンジがそれほど重要でないように、ライティングをコントロールする方法を学んだ方がいい。

少なくとも初心者にとっては、このようなカメラが人生にもたらす価値だと思う。一度学んだら、Rのようなより良いカメラに卒業することができる。 R5その時点で、あなたは自分の技術を知っているので、それらのカメラからはるかに多くを引き出すことができるだろう。

こんな古いデジタル一眼レフの動画機能について、私がこんなに長々と話すとは思わなかっただろう?

さて、ビデオについて説明したところで、実際に何をしているのかを見ることができるものを見てみよう。スクリーンだ。

キヤノン1300D(Rebel T6)、レンズなし
一緒に撮った: キヤノンEOS R5 + キヤノンRF 15-35mm F2.8 L IS USM

ディスプレイ

裏面に キヤノン 1300Dスクリーンは3型で、これはごく標準的なものだが、それに圧倒されることを期待してはいけない。つまり、あなたが撮影したものを見せてくれるガラス片なのだ。

カメラのオートフォーカスが外れたときにイライラして見つめるだけで、反転させたり、本当に何もできない。

コントロール

操作に関しては、通常のボタンとノブがある。キヤノンのカメラを使ったことがある人なら、すぐに使い方がわかるだろう。

コネクティビティ

接続性に関しては、むしろ驚くべきことに、この小さなカメラにはWiFi機能がある。スマホにキヤノンのアプリをインストールすれば、写真を転送したり、スマホをビューファインダーとして使ったりできるのだろう。

私はSDカードを取り出してノートパソコンに入れるか、USB経由でカメラをノートパソコンに接続するのが好きなので、これは私のカメラではあまり使ったことがない。

ブログ

では、Vlogを書くということに関して言えば、「Vlogを書く」ということがどれほど役に立たないことなのだろうか? キヤノンT6?実は、あなたが思っているほど役に立たないわけではない。

フリップスクリーンがないので、自分が何をしているのか実際に見ることはできないが、技術的にはまだVlogを書くことができる。

しかし、このカメラがクロップされたセンサーを搭載していることは、ちょっとした問題かもしれない。50mmのレンズを付けて、カメラを腕の長さに構えると、ほとんど鼻のアップが写るだけだ。

Vlog撮影に使えそうなレンズは、キヤノンの18-55mmキットレンズのようなものだ。

レンズをズームアウトしたままにすれば、このカメラでVlogを書くことができるはずだ。 ゴリラポッド.

繰り返しになるが、フリップスクリーンがないため、ビデオ撮影にはお勧めできないが、技術的にはその目的に使うことはできる。

ユーチューバー

YouTubeなどのコンテンツを撮影する場合はどうだろう。あまり動かずに、1つの場所に立って話せば、実際に仕事はできる。

キヤノンのEF50mm F1.8やF1.4のようなものを手に入れれば、本当にバターのような背景をぼかすこともできるだろう。

正直なところ、F1.4、あるいはF1.8で撮影する場合、このカメラがどれだけ目にピントを合わせられるかわからない。

ストレージ

ストレージに関しては、ご想像の通り、このカメラにはSDカードスロットが1つしかない。通常、私のメインカメラであるキヤノンR5のようにカードスロットが2つあるのが好きなのだが、エントリーレベルのカメラとしては1つしかないのは当然だろう。

カードが2枚欲しい主な理由は、冗長性のためだ。2枚あれば、写真やビデオが両方に保存されるように設定できる。万が一、SDカードの1枚が壊れてしまっても、バックアップがある。

これは商業的なライブをするときにとても便利だが、Rebel T6のカメラでそのようなことをすることはないだろう。

バッテリー

では、バッテリーは?キヤノン1300DはLP-E10バッテリーを使用しており、約500枚の撮影が可能だ。これは悪くはないが、良くもない。

一日中撮影に出かける場合は、予備をいくつか購入しておくこと。

耐久性

耐久性に関しては、ご想像の通り、このカメラにはウェザーシールが施されていない。そのため、水やホコリに晒すことは避けたい。

初めて購入したカメラで、勉強のために使いたいだけなら、もっと冒険してもいいと思うが、数年間使いたいカメラなら、慎重に扱ったほうがいい。

最大シャッター回数に関しては、このカメラの正確な数値を見つけることはできなかったが、おそらく100,000回程度だろう。

もし、その数字が何なのか知っているのであれば、下のコメント欄で教えてほしい。

最大シャッター枚数とは、シャッターが切れるまでに撮れる写真の枚数のこと。中古でカメラを購入する場合、T6は生産終了しているため、現在のシャッター数を確認する必要があります。

立派な売り手であれば、カメラの価値に影響するため、リストにその数値を掲載する。シャッター回数が表示されていない場合、または売り手がその回数を教えることを拒否した場合は、次に進みましょう。おそらくその数値は本当に高く、非常に寿命の短いカメラを売ろうとしているのかもしれません。

女性モデル、キヤノン1300D(Rebel T6)で撮影
一緒に撮った: キヤノンEOSレベルT6 / モデルkk.porto

対応レンズ

対応レンズに関しては、このカメラボディで使用できるEFレンズとEF-sレンズのリストはほとんど無尽蔵だ。

これらのレンズについて知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。 私のYouTubeチャンネルのプレイリスト どこで始めることができるか。

結論

結論として、このカメラを買うべきか?

古いにもかかわらず、あなたが何をしているかを知っていれば、素晴らしい写真を撮ることができる。何をやっているのかわからないのであれば、これは実際に始めるには素晴らしいカメラだろう。

なぜですか?

前述したように、多くの制限があるため、クリエイティブになるだけでなく、カメラが実際にどのように機能するのかを学ばなければならない。

特に何が得意というわけではないが、ポートレート、風景写真、ストリート写真などに使える。

実際、ストリートフォトには最適かもしれない。古いカメラであることで、泥棒に狙われにくくなるかもしれないからだ。

キヤノンR5を外で使うことは、森のような人里離れた場所以外ではほとんどない。

それに、仮にカメラを取り上げられたとしても、たいていの人にとっては破格の値段ではないだろう。

どっち?

もしあなたが写真やビデオ撮影についてすでに少し学んでいて、もっとミドルレンジのものに移行したいのであれば、カメラレビューのプレイリストをご覧ください。 私のYouTubeチャンネル.

まで、あらゆる種類のカメラをレビューしてきた。 キヤノン77D そして 7D MkIIに対して キヤノンRそして キヤノンR5.

この記事で紹介したアイテムを購入したい、あるいは自分の国でいくらするのか見てみたいという方は、下のリンクから見ることができる。

のレビューをお読みいただきありがとうございます。 キヤノン 1300D (Rebel T7)。私の他の記事もぜひご覧ください。次のようなことに興味がある人なら、誰でも楽しめる内容になっています。 オーディオあるいは カメラとレンズ.ビデオレビューがお好きな方は、私のビデオをご覧ください。 YouTubeチャンネル.

製品リンク

以下に、この記事で紹介したすべてのアイテムを掲載する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です